データ構造とアルゴリズムⅡ (2022年度)

ここでは,大阪工業大学で実施しているデータ構造とアルゴリズムⅡのIM、IC科に関する配布資料などを公開しています.

休んでもらえなかった・配布するプリントがなくなった場合など,各自で印刷してもらうためのページになります.

▼概要など

コンピュータではデータを効率良く扱うことが必要である。データ構造とは、データのメモリ上での表現であり、アルゴリズムは問題を解くための具体的手順である。本科目では、「データ構造とアルゴリズムI」の続きとして、木構造のデータの扱い、文字列探索、バックトラック法や動的計画法などについて学ぶ。 

▼おしらせ

(5/16)課題4について更新しました。資料5について更新しました。

(5/9)課題3について更新しました。資料4について更新しました。

(4/26)レポート1について更新しました。

(4/24)課題2について更新しました。資料3について更新しました。

(4/17)課題1について更新しました。資料2について更新しました。

(4/1)ページを公開しました。

▼スケジュール

講義

日程

内容

資料

備考

4/12 計算量 [資料] [課題・レポート提出状況]
4/19 計算量 [資料]  
4/26 内部整列(単純ソート) [資料 [レポート1]
5/10
内部整列(高速ソート)、外部整列 [資料]  
5/17
比較によらない整列、木構造 [資料]  
5/24
平衡木 [資料]  
5/31
ヒープ構造とヒープソート    
6/7 中間試験、ハッシュ    
6/14
ハッシュ    
10 6/21
文字列探索    
11 6/28 正規表現    
12 7/5
バックトラック法    
13 7/12
動的計画法    
14 7/19
まとめ